ブラックボックスな検索エンジンのアルゴリズムを徹底分析

Googleをはじめとした検索サービス会社は、検索ユーザーが入力した検索キーワードごとに、最適な検索順位を決定して表示させています。
この検索結果が、ユーザーにとって満足いく検索結果であればるほど、検索体験における満足度が向上して検索をもっと使ってくれるようになります。

検索をおこなうユーザーを増えすことで広告収入が増えるというのが、検索サービス会社のビジネスモデルです。

検索アルゴリズムとは

ルゴリズムとは、検索キーワードごとに最適な検索結果を表示させるための順位決定プロセスのことをいいます。

アルゴリズム(algorithm)を直訳すると「算法」ですが、もう少しわかりやい言葉に噛み砕くと「特定の問題を解くための手順を定式化した形で表現したもの」というようになります。つまり、検索ユーザーが求める適切な検索結果になるよう順位付けするための方程式の集合体のようなものです。

Googleの検索アルゴリズムは、これまでのGoogleの数々の発表から200を超える要素で決定されているのではないかと推測されていますが、アルゴリズムの詳細については一切公開されていません。

また、日々、細かなアルゴリズム調整をしているほか、パンダアップデートやペンギンアップデートのような大規模なアルゴリズムのアップデートなどで年間100回ちかくの改善を繰り返し、より的確な検索結果をより早く表示させるために改善を繰り返しています。

だから、アルゴリズムの分析を追求することにはなんらの意味をもちません。

これまでに実施されたおもなアップデート

コメントをする

お問い合わせ・ご相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
会社案内ダウンロード

弊社の会社案内をPDFでご用意しております。社内での検討時などにご利用ください。

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせはこちら

※電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。
※セールス目的のお電話はお断りしております。