エラー[403 Forbidden]の原因と対処方法

サイトにアクセスした途端に[403 Forbidden]と画面に表示された場合の対処方法を原因別に解説していきます。

.htaccessのパーミッションが誤っている場合

.htaccessとは

.htaccessとは、多くのレンタルサーバーで採用されているApacheを制御する設定ファイルのひとつです。.htaccessを編集することで下記のようなさまざまな設定を行うことができます。

  • 特定のディレクトリにパスワードをかけたい
  • サーバーの移転を行ったので新しいページにリダイレクトしたい
  • 特定のIPアドレスからのアクセスを遮断したい

.htaccessを編集した直後に[403 Forbidden]と画面に表示された場合、.htaccessのパーミションの設定値の誤りが原因です。

対処方法

.htaccessのパーミッションを変更することで復旧します。

FTPソフトを使って.htaccessを選択した状態で右クリックをしてメニューを表示させ[パーミッションの変更]をクリックします。

パーミッションの設定画面が開いたら下記のようにチェックを入れて[OK]をクリックします。
[その他のパーミッション][読み取り]にチェックが入っていないことがエラーの原因となっているケースが非常に多いです。

index.htmlやindex.phpなどが存在していない場合

一般的なサイトの場合、デフォルトドキュメントと言われるindex.html・index.php・index.htmなどをルートフォルダに設置しています。
このファイルが存在していないことで[403 Forbidden]エラーになってしまいますので、誤ってデフォルトドキュメントを削除してしまった場合などには復元させる必要があります。

コメントをする

お問い合わせ・ご相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
会社案内ダウンロード

弊社の会社案内をPDFでご用意しております。社内での検討時などにご利用ください。

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせはこちら

※電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。
※セールス目的のお電話はお断りしております。