SEO効果を高める404ページのポイント

404ページとは

404ページとは、インターネット上のあるページにアクセスしたときに「404」や「NOT FOUND」などと表示されるページのことです。
このページは、アクセスしたページが存在したいことを意味しています。

404ページの役割

404ページの役割は、ユーザーと検エンジンのどちらに対しても2つずつあります。

ユーザーに対しては

  • アクセスしたページがページが存在しないことを伝える
  • 目的のページを探す方法の提案

検索エンジンに対しては

  • クロールしてきたページが存在していないことを伝える
  • さらならクロールを促す

ページが存在しない場合の原因

アクセスしたページが存在しない場合にはいくつかの原因が考えられます。

  • アドレスバーに入力したURLに入力誤りがある場合
  • リンクタグでのリンク先URLに設定誤りがある場合
  • 以前は存在したが、運営者が既にページを削除している場合
  • 運営者がURLの変更を伴うページ移設などを行ったが、リダイレクトなどの処理が施されていない場合

SEOへの影響

検索結果に表示されたタイトルをクリックしたら404ページになってしまったという経験は多くの方がおもちなのではないでしょうか。
そして、404ページがSEO効果を下げてしまうのではないかという懸念を持ってしまう方もおられるとは思いますが、Googleは公式に404ページになることでのSEOへの影響はないと発表しています。

その最大の理由は、適当にURLを入力したページにアクセスした場合、ほぼ100%の確率で404ページになるからです。逆に、存在しないページにアクセスしているのに404ページにならないほうが問題なわけです。

ただし、検索結果に表示されているページが404ページになってしまうような場合には、当然そのページが得ていたアクセス数を失ってしまいます。
こういった場合にはリダイレクトの対策が必要です。
検索結果からも時間の経過ととも消えるでしょう。

404ページに対して行うべきこと

移転先ページのリダイレクト

なんらかの理由でURLを伴うページ移設を行う際には、古いURLへのアクセスを新しいURLに301リダイレクトさせる設定を行うようにしましょう。
リダイレクトには301リダイレクトと302リダイレクトの2種類がありますが、このような恒久的なものに対しては301リダイレクトで設定します。

404ページのカスタマイズ

クリックした際のページが404ページだったら、ユーザーはがっかりしてしまいます。そんなときにそのままページを閉じられることがないような工夫が必要です。

検索窓・人気記事へのリンク・カテゴリ一覧のリンク・トップページへのリンクを404ページに用意しておくことで、404ページになってしまったユーザーに対しても、目的のページを探す手段や他のページの提案を行うことで機会損失を減らすことに繋がります。

メンテナンスなどの一時的な非表示時には503エラー

メンテナンスなどで一時的にページを非表示にするような場合には、必ず503エラーを表示できるように設定します。
503エラーとは、ユーザーや検索エンジンに対してページが表示できないのは一時的な要因であることを伝えることができ設定です。

ステータスコードの確認

ステータスコード自体はユーザーには直接の関係はありませんが、404ページが表示されているページでも、ステータスコードが200のままだと検索エンジンには誤った情報が伝わってしまいます。
ステータスコードを確認して404になっていないようであれば設定を変更しましょう。

サイト内リンクは日頃から確認

自サイト内にある内部リンクが、404でページが表示できない状態になっているとサイトの管理が行き届いていない状態であると思われます。リンク切れが発生していないかをチェックしておきましょう。WordPressの場合には、Broken Link Checkerというプラグインでリンク切れのチェックができます。

被リンクからの404ページへの対応

内部リンクと違って、外部サイトから受けているリンクの設定が誤っている場合には、対処の方法が限られてしまいます。
外部サイトの運営者に依頼出来るのであれば、リンク先の修正依頼をかければいいですが、依頼すること自体が難しい場合もあります。

コメントをする

お問い合わせ・ご相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
会社案内ダウンロード

弊社の会社案内をPDFでご用意しております。社内での検討時などにご利用ください。

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせはこちら

※電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。
※セールス目的のお電話はお断りしております。