ランディングページを分析する

ランディングページとは

ランディングページとは、ユーザーがWebサイトに訪問してきたときに最初に訪問したページのことです。
「ランディング(Landing)」は直訳すると、「(航空機の)着陸」「(船舶の)着岸」「(軍事作戦での敵地への)上陸」という意味を持ち、Webサイトにおいては、ユーザーが最初に訪問したページという意味としてもわかりやすいと思います。

ランディングページでは直帰率が重要

ランディングページは、ユーザーが最初に訪れるページですから、Webサイトの「顔」とも言えるわけです。Webサイトの第一印象は、ほとんどランディングページで決まってしまうと言っても過言ではありません。

そして、このランディングページをユーザーが気に入ってくれれば、他のページを見てくれたり、そこから商品購入やお問い合わせなどのコンバージョンに繋がることも十分に考えられます。

しかし、ユーザーがランディングページを見ただけで離脱してしまうというのは、リアルな飲食店で例えると、席についたのにメニューの1ページ目を見た直後に、何も注文せずに退店してしまうようなものです。
このように、ランディングページを見ただけで離脱してしまうユーザーの割合を直帰率といいます。

[ランディングページ]レポートの確認方法

Googleアナリティクスにアクセスして、メニューから[行動]をクリックします。表示された項目の[サイトコンテンツ]をクリックして[ランディングページ]をクリックします。

[ランディングページ]を開くとデフォルトでは[サマリー]が選択されていますので[レポート期間]を任意の期間で設定します。

設定した[レポート期間]におけるセッション数の多い順で、ランディングページが表示されています。
ページごとに[セッション][新規セッション率][新規ユーザー][直帰率][ページ/セッション][平均セッション時間][コンバージョン]が確認できます。

[ランディングページ][/]と表示されることがありますが、これはサイトのトップページを表しています。

改善すべきランディングページの見分け方

もちろんすべてのランディングページを改善するのがベストではあるわけですが、改善するためにはリソースが必要です。ですから、優先順位を決めて優先順位の高いものから改善していくことがWebサイト全体の理にかないます。

では、どのように優先順位を決めればよいかと言うと、以下の2点で決められます。

  • 改善の効果が大きい(セッションが多い)ページ
  • 直帰率が高いページ

改善の効果が大きい(セッションが多い)ページ

改善の効果が大きいページとは、具体的にはセッション数の多いページのことです。
経済学の用語では「パレートの法則」と言われますが、一般的なWebサイトは、全体の20%のページで80%のアクセスを集めています。
セッションの少ないページを改善させるよりも、セッションの多いページを改善させるほうが圧倒的に効率的です。

直帰率が高いページ

直帰率が高いページというのは、ユーザーの検索ニーズに対する期待に応えることができていないページということになります。
期待に応えることができていない理由は、ケースバイケースでいろいろな理由が考えられます。

  • 検索ニーズとコンテンツにギャップがある
  • コンテンツが網羅的でない
  • コンテンツの分かりにくい

コメントをする

お問い合わせ・ご相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
会社案内ダウンロード

弊社の会社案内をPDFでご用意しております。社内での検討時などにご利用ください。

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせはこちら

※電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。
※セールス目的のお電話はお断りしております。