placeholderの色をCSSで変更する方法

テキストボックスにplaceholderをつかってサンプルを用意しておくことは、EFO(入力フォーム最適化)の観点からもおすすめです。
この記事では、placeholderの文字色をサイトカラーにあわせてCSSで変更する方法を解説します。

placeholderとは

placeholderとは、inputタグやtextareaタグなどの文字入力フォームで事前にサンプル文字を入れておくことができる要素です。
サンプル文字がはいっていることで、ユーザーが迷うことなく入力できるようになります。

placeholderの色の変更方法

placeholderの色は::placeholder疑似要素をつかうことで変更できます。

input::placeholder {
	color: #FF0000;
}
textarea::placeholder {
	color: #FF0000;
}

クロスブラウザで完全対応させるにはプレフィックス対応が必須

上記の疑似要素のみではまだすべてのブラウザでサポートされていないので、主要ブラウザに対応させるには、各ブラウザのプレフィックスをつかった対応が必要です。

input::-webkit-input-placeholder {
	color: #FF0000;
}
input:-ms-input-placeholder {
	color: #FF0000;
}
input::-moz-placeholder {
	color: #FF0000;
}

まとめ

EFOの観点からもplaceholderはあったほうが望ましいです。
しかし、placeholderの色がサイトカラーと合わないような場合にはCSSの疑似要素をつかうことで、色の変更ができますので対応してみましょう。

ウェブサイト制作や動画制作のご相談はお気軽に

今すぐ問い合わせる

お問い合わせ
お問い合わせ・ご相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
会社案内ダウンロード

弊社の会社案内をPDFでご用意しております。社内での検討時などにご利用ください。

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせはこちら

※電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。
※セールス目的のお電話はご遠慮ください。