遅延読み込みを簡単に実装できるWordPress用プラグイン[a3 Lazy Load]の使い方

PageSpeed Insightsでも改善できる項目で提案されることのひとつに「オフスクリーン画像の遅延読み込み」というのがあります。
ファーストビューで表示されない画像や動画を遅延して読み込むことで、画面が表示されるまでの時間短縮に繋がります。
この記事は、画像・動画・iframeの遅延読み込みができるWordPress用プラグインの紹介です。

a3 Lazy Loadの特徴

簡単な設定方法ときめ細やかなカスタマイズができる遅延読み込みプラグインです。

設定項目

管理画面で[設定]にマウスを合わせて[a3 Lazy Load]をクリックします。

Open Box Display各設定項目をオープンにする
House Keepingアンインストール時にプラグインが作成したデータベースを削除する
Enable Lazy Load遅延読み込みを有効にする
Enable Lazy Load for Images画像の遅延読み込みを行う
Images in Contentコンテンツ中に画像も遅延読み込みを行う
Images in Widgetsウェジェット中の画像も遅延読み込みを行う
Post Thumbnailsサムネイル画像も遅延読み込みを行う
GravatarsGravatarsの画像も遅延読み込みを行う
Skip Images Classes遅延読み込みを行いたくない画像がある場合にクラス名で指定します
Noscript SupportブラウザでJavaScriptが無効化している場合、Noscriptタグを代替で有効にする
Video and iframes動画とiframeの遅延読み込みを行う
In Contentコンテンツ中に画像も遅延読み込みを行う
In Widgetsウェジェット中の画像も遅延読み込みを行う
Skip Videos Classes遅延読み込みを行いたくない動画がある場合にクラス名で指定します
Noscript SupportブラウザでJavaScriptが無効化している場合、Noscriptタグを代替で有効にする
Exclude by URIs遅延読み込みを行いたくないURLを指定します。複数ある場合は1行に1URL記入します。
Page Type Exclusions遅延読み込みをを行いたくないコンテンツを選択します。
Theme Loader Functionフッターにスクリプトを移動します。
Disable On WPTouchWPTouchを使用している場合にプラグインの機能を無効化する
Disable On MobilePressMobilePressを使用している場合にプラグインの機能を無効化する
Loading Effect読み込み中のエフェクトを選択します。
Loading Background Color背景色を選択します。
Thrshold遅延読み込みする画像は動画が、表示領域に対してどれくらい近づいたら表示を開始するかを設定します。

コメントをする

お問い合わせ・ご相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
会社案内ダウンロード

弊社の会社案内をPDFでご用意しております。社内での検討時などにご利用ください。

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせはこちら

※電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。
※セールス目的のお電話はご遠慮ください。