お気軽にご相談ください
050-3695-6377
全国対応・平日10時〜19時

ホームページは自分で作れる!作り方や費用は?難易度や制作期間をまとめた完全ガイド

ホームページを自分で作るのに、調べてもいろいろな情報がありすぎてお困りではありませんか。

当記事では、ホームページを作るために必要な情報を初心者の方にも分かりやすく一つにまとめました。

ホームページの作り方やかかる費用、難易度や制作に関わる期間などを参考にしていただければ幸いです。

目次

ホームページを自分で作るには

ホームページを自分で作るための方法はたくさんあります。まず、制作の全体像を把握することが良いでしょう。

専門知識がなくてもホームページは作れる

ホームページは専門的な知識やスキルがなくても作ることができます。

もちろんデザインやホームページの構成にこだわれば、専門知識やスキルが必要になります。

ホームページを作る目的やどこに力を入れるかを絞り込むことで、作成方法や費用も大きく変わります。

また、自分で作る場合や担当者をつけるかどうかによっても変わってきますので、自社にとってどういうホームページが必要かをしっかりと考えることが大切です。

どこまで作り込むかを決めることが大切

ライバル企業と差をつけたいあまりに細部までこだわりすぎるのは得策ではありません。

ホームページは作った自分達が満足して終わりではなく、お客さまに見てもらって初めてホームページの存在意義が成立します。

認知拡大、集客、製品紹介、販売、採用、企業メッセージなど、どの部分を強くしていくかが大切です。

細かい部分だけを見るのではなく、やはり全体を通してどのように作り込んでいくかが求められます。

ホームページを自分で作成するために必要なもの

ホームページを自分で作成するために必要なものは、大きく次の4つがあります。

  • ドメインを取得する
  • サーバーを契約する
  • デザインを考える
  • コンテンツを制作する

ドメインを取得する

ドメインとは、インターネット上での住所のようなものです。ブラウザのアドレスバーに入力するURLといったほうがわかりやすいかも知れません。

ホームページを家に例えるとすると、ドメインは住所に例えることができます。
家を建てるためには土地が必要です。そして、土地にはそれぞれの住所が割り振られています。この住所というものがあるからこそ、あなたの家に誰かが訪れることができるのです。
ホームページも同様で、インターネット上の住所がなければ、あなたのホームページを訪れることができません。つまり、お客様にホームページを見てもらうためには、必ずドメインが必要になるのです。

ドメインが必ず必要なものであるということは説明したとおりですが、実は、ドメインには、無料で利用ができるドメインと、有料で利用できるドメインとがあります。

無料で利用ができるドメインというのは、厳密にいうと、ホームページ作成サービス会社がもっているドメインを間借りするようなイメージになります。
例えば、Wixというサービスであれば、https://**********.wixsite.com/********** といったようなURLを利用することができるようになります。

そして、有料で利用できるドメインのことを独自ドメインといいます。
独自ドメインとは、**********.com や **********.co.jp などのような自分だけのURLのことをいいます。
これらは、取得や維持をおこなうのに、年間で数百円〜の費用がかかります。

無料ドメインでもホームページを作ることはできますが、信頼性や安心面ではやはり独自ドメインがおすすめです。

サーバーを契約する

サーバーとは、ホームページを設置する場所のようなものです。

ホームページを家に例えるとすると、サーバーは土地に例えることができます。
家を建てるためには土地が必要です。同様に、ホームページを作には、そのホームページのデータをおいておくためのスペースが必要で、そのスペースのことをサーバーといいます。

サーバーには、レンタルサーバーのほかに、クラウドやVPSなどがあります。それぞれに特徴があり、費用感や難易度も異なってきます。
どんなサーバーを利用するにも維持費用がかかりますが、ホームページを商用利用するのであれば、格安のレンタルサーバーを契約することはおすすめできません。

安さだけを基準にしてしまうと、ホームページの表示速度であったり、アクセスが集中したときに、すぐに繋がりづらくなってしまったりするなど、会社の信頼につながる問題にもなりかねません。

スペックの充実はもちろんのことですが、サポート体制も充実しているなど、安心して使うことができるサーバーを選びましょう。

デザインを考える

ドメインとサーバーを契約しただけではホームページには何も表示されません。

ビジネスイメージが伝わるようなデザインを整えたり、ホームページを見やすくするためにデザインを考えます。

ビジネスの顔となるトップページのデザインは特に重要です。

テンプレートデザインを使うとしても、デザインの方向性はしっかりと決めておきたいです。

また、デザインにこだわりすぎるあまり、お客さまにとって使いづらいホームページにならないよう気をつけたいところです。

コンテンツを作成する

最後に、実際にお客様に見てもらうコンテンツを作成します。

コーポレートサイトの場合、コンテンツ例として、事業内容・会社概要・代表挨拶、お問合せフォームなどが挙げられます。

事業内容では、自社の商品やサービスの魅力がお客様へ伝わるように作ることが大切です。
類似品との違いや特徴など、自社の商品やサービスの強みを余すことなくアピールしていきましょう。

会社概要や代表挨拶は、アクセス数も多く、訪問者の関心の高さが伺えるコンテンツです。
特に、代表挨拶は、社会やお客様に対してどんな会社でありたいかという想いが伝わる部分ですので、共感してもらえるようなメッセージを載せたいところです。
間違っても、どこかの企業からコピペしてきたような定型文は避けるべきです。

一緒に掲載する写真もよく撮れていることはもちろんですが、代表者の雰囲気が伝わるものを選びましょう。

ホームページを自分で作成するメリット

ホームページを自分で作成するメリットは大きく次の3つがあります。

  • コストを抑えることができる
  • コンテンツを追加したいときにすぐに対応できる
  • 自分好みにカスタマイズすることができる

コストを抑えることができる

あまりおすすめしませんが、作ろうと思えば0円で作ることも可能です。

しかし、ホームページとして活用したいのであれば予算をかけましょう。

年額1万〜2万円もあれば、店舗や企業独自のドメインを取得してホームページを作成することが可能です。

独自ドメインがあれば、信頼感を上げることにも繋がります。

コンテンツを追加したいときにすぐ対応できる

例えば、急なイベントやセールなど、すぐにでもホームページに掲載したいページを作成し素早く対応することも可能です。

店舗型ビジネスなど、日々の営業数字の変動などでセールスイベントが決定しても、急いで打ち出すことのできる軽いフットワークが魅力です。

使用ソフトによっては、過去の作成事例がある同じイベントであれば、日付などのデータを修正するだけでコンテンツを追加することもできます。

スピード感のある更新ができることで、お客さまの見たいタイミングで情報を提供することが可能です。

自分好みにカスタマイズすることができる

ホームページを自作するのであれば、トップページの画像や写真を自分好みにカスタマイズすることもできます。

デザインを作るための知識やスキルが必要ですが、思い通りのページを作成することもできます。

細かく自分達で設定して細部までこだわるデザインにする方法や、プラグインサービスを使用して比較的簡単に見栄えの良いデザインにすることもできます。

ホームページを自分で作成するデメリット

ホームページを自分で作成するデメリットは大きく次の4つがあります。

  • 専門的な知識やスキルの習得に時間がかかる
  • ホームページ制作作業をしている間は他の業務ができない
  • 写真や文章などこだわるとキリがない
  • SEO(検索エンジン最適化)の対策が不十分になりやすい

専門的な知識やスキルの習得に時間がかかる

理想のホームページを作ろうとしたり、デザインにこだわったサイトを作ろうとすると、やはり専門的な知識やスキルが必要になります。

専門用語や仕組みを理解するのに時間がかかり、思い通りのデザインを作るためのスキルはすぐに習得できるものではありません。HTMLやCSSといったホームページを作るための言語は、他のプログラミング言語と比較して学習コストは低いですが、それでも、慣れていないと文字のサイズを変えるだけでもなかなか大変です。

仕事の合間に書籍などで勉強しながら作成のやり方を覚えるとなると、かなりの労力が必要になります。

ホームページ制作作業をしている間は他の業務ができない

ホームページを自分で作る場合は、多くの作業を必要としますので、制作作業をしている間は、他の業務ができなくなってしまいます。

専任担当者を置くこともできますが、人件費コストがかかるため費用が膨らんでしまいます。

そのためホームページを自分で作る場合は、ここまでできればOKと納得のできる妥協ラインを決めておくことが大切です。

写真や文章などこだわるとキリがない

ホームページの仕上がりを気にするばかりに、他の業務が疎かになるのは本末転倒です。

写真の細部にこだわって納得できないと作業が止まるよりも、お客が見やすく使いやすいホームページ作りをしましょう。

自分達で写真を撮影する場合は照明や構図など様々なポイントがありますので注意が必要です。

かといって、撮影した写真を入れずにフリー素材や文字だけでは雰囲気が伝わりづらくなってしまいます。

SEO(検索エンジン最適化)の対策が不十分になりやすい

企業や商品のブランド力が高ければ、SEO対策に頼らずとも、必要な情報さえホームページに掲載してあれば、会社名や商品名でお客さまに検索してもらえます。このように、会社名や商品名で検索されることを指名検索といいます。

一方で、認知がまだ不十分の場合には、キーワード検索によりアクセスを獲得していく必要があり、キーワード検索で検索上位を狙っていくためには、いいコンテンツを作ることはもちろんですが、SEO対策についても必須といえるでしょう。

どんなに良い商品やサービスがホームページに掲載してあっても、お客さまにサイトを訪れていただけなければ意味がありません。
だからこそ、SEO対策の必要がありますが、なんとなく対策しているだけでは、効果が薄いでしょう。

日々、SEOの情報を仕入れることやライバルリサーチが欠かせません。SEO対策だけでも、相当の時間を費やす覚悟をしなければなりません。

【徹底比較】ホームページを自分で作成する方法・費用・難易度を解説

【初心者〜初級者向け】Wixやペライチなどのサービスを使用する

簡易的に見栄えの良いホームページを作るサービスで、Wix(ウィックス)やペライチというものがあります。

手軽に始められるサービスながら、プロ顔負けのホームページを作ることも可能です。

ただし、無料プランでは広告が入ってしまうので有料プランがおすすめです。

方法

専用サイトに会員登録後、サービスが利用できます。

画像や文字情報などをパソコンのマウスで簡単に並べ替えることができます。

専門的な知識がなくても感覚的にホームページを作ることが可能です。

費用

無料〜5,000円以下で利用可能。

段階に応じたプラン設定があり、機能を増やすと高くなります。

独自ドメインにする場合は別途費用がかかります。

難易度

初心者〜初級者におすすめです。

不必要に文字が中央寄りになってしまうなど、細かいデザインが気になる人も。

ホームページ制作に慣れてくると、物足りなくなってくる可能性あり。

必要スキル

簡単なパソコン操作、文字入力など。

プレゼンテーションソフトを使用したことがあれば感覚的に分かりやすいです。

期間

トップページだけであれば、慣れていれば2~3日程度で可能です。

【初級者〜中級者向け】ワードプレスを使用する

ワードプレスは世界的にシェアを獲得してるサービスで、拡張性と自由度が魅力です。

ただし、魅力の裏返しとして自分で全て設定する必要があるためプロ向けのサービスでもあると言えます。

専門的な知識も必要になりますので、ホームページを作るための勉強も必要になります。

方法

ワードプレスに登録後サービスを利用開始できます。

無料のテーマも多数あるため、知識があればすぐにホームページを作り始めることが可能です。

文字の大きさやフォント、画像の大きさをはじめどんなデザインにするかというところから作成していきます。

費用

無料〜2万円程度(デザインを変える有料テーマ購入費用が1万〜2万程度)

独自ドメイン代、サーバー代は別途費用がかかります。

難易度

初級者〜中級者におすすめです。

WordPressのアプリケーションを拡張するプラグインを追加することで、様々な機能を追加することができます。

デザインはテーマを変えることで変更可能です。

有料のデザインには、洗練されたデザインに加えSEO対策を施されたものもあります。

必要スキル

パソコン操作、文字入力、サーバーへのインストール、見出し記事などの設定、テーマのカスタマイズなど

上記スキルは入門的なスキルとなり、凝ったデザインを作るためにはより専門的な知識が必要です。

期間

10ページくらいのホームページを作るのに1〜3ヶ月程度かかります。

【中級者〜上級者向け】HTMLやCSSを使用する

HTMLやCSSを使用して、いわゆるプログラミングすることでホームページを作成するやり方です。

簡単に説明すると、HTMLは文章の内容を担当し、CSSはその文章のデザインを担当します。

専門のコードを使って部分ごとに作るため、知識やスキルが必要になります。

方法

パソコンのメモアプリなどでコードを作成し、HTMLファイルに変換します。

作ったHTMLファイルをFTPソフトという専用の規格を使って、サーバーにアップロードすればホームページが表示されます。

費用

独自ドメイン代、サーバー代として月々数千円程度かかります。

ただし、ホームページ制作の難易度が高いため専門的に対応できる担当者の採用や育成に費用が必要になります。

難易度

中級者〜上級者向けです。

社内に専門的な部署や担当者が必要です。

必要スキル

HTMLやCSSの知識・スキル、サーバーに対する知識、総合的なデザインスキル、総合的なパソコンスキルなど。

期間

専門的な知識とスキルがある状態で、数ヶ月程度かかります。

【参考】WEB制作会社に発注してしっかりとしたホームページを作る場合

いわゆるプロのWEB制作会社にホームページ制作を頼む場合、どのようなホームページを作るかにもよりますが費用は15万円〜、期間は1ヶ月〜かかります。

金額や期間は打ち合わせの後決まります。

一見すると高い金額にも思えますが、ホームページを作る社員を一から育てる費用やスキルのある社員を雇うことと比べると決して高い金額ではありません。

しっかりとしたデザインやコンテンツを作成し、公開後の運用までワンストップで対応できる制作会社を選びましょう。

詳細な料金はこちら

ホームページを自分で作成する手順

ホームページを自分で作成する手順をご紹介します。

作成する目的を明確にする

ホームページを作成する場合、何のために作るか目的を明確にすることが大切です。

文章ひとつ取っても、万人受けする内容では本当に届けたいお客さまへメッセージが届きません。

求人、販売促進や集客、リスト集め、認知拡大など目的を明確にしましょう。

もちろん、目的は複数の組み合わせでも大丈夫です。

どんなターゲット層に情報を届けたいかをしっかりとイメージして作成しましょう。

ホームページを設計する

ホームページを作る目的やターゲット層が決まったら、どのような全体図にするかを設計します。

例えるならば、大きなスーパーを作るのに似ているかもしれません。

お客さまがどの入り口から入り、どのような順番で品物(コンテンツ)に辿り着くか、品物は見やすい配置(カテゴリ)になっているか。

見たいものがわかる場所に配置されているかなど、お客さま目線でイメージすることが重要です。

コンテンツを作る

ホームページを設計した後は実際にコンテンツを作っていきます。

そしてこのコンテンツこそが、ホームページを作成する目的につながる部分です。

お客さまが検索してホームページに辿り着いた時に、得られる情報が少ないと判断されるとすぐにひとつ前の画面に戻されてしまいます。

情報が十分にあり、見やすく分かりやすく情報にアクセスできるようにしましょう。

完成したホームページを公開する

コンテンツ作成が終わると次はいよいよホームページを公開します。

ホームページの公開には、ドメインの取得、サーバー契約、転送のためのFTPソフトが必要になります。

ドメインは、〇〇.com〇〇.netなどいろいろありますがSEOの効果としてはどれを選んでも変わりありません。

ただし、〇〇.jpは日本に住所がないと取得できない点と、〇〇.co.jpは日本国内に登記がある法人しか取得できません。

〇〇.co.jpは日本企業であることの証明にもなりますので信頼度は抜群です。

ホームページ作成をチームでやる場合

ホームページの作成を1人ではなくチームでやる場合は、分担する業務ごとに役割を分ける必要があります。

作成するホームページの規模により変わりますが、役割は大きく次の5つがあります。

ディレクター

ディレクターは、WEB制作の企画や制作における責任者となります。

チームの他メンバーとの交渉や作業の割り振りをして全体的に統括していく立場です。

スケジュールを守るための段取りはもちろん、他メンバーの業務を理解できる知識も必要です。

また、人をまとめる立場でもあるので、人を動かすコミュニケーション能力も求められます。

デザイナー

デザイナーは、WEBサイトのデザインを専用ソフトを用いて作成していきます。

デザイン力はもちろん、企業のイメージをデザインに落とし込むセンスが求められます。

WEBサイトは見た目のデザインが大きい要素を占めているのと、いかにお客さまが使いやすい構成にできるかがポイントになります。

エンジニア

エンジニアは、完成されたデザイン案を実現させるため、プログラミングやコーディングによってWEBサイトを作り込んでいきます。

デザイン案を忠実に再現するプログラミングスキルと、実際の運用でエラーが出ないためのチェックが欠かせません。

急なWEBサイトの変更にも対応できる力も求められます。

マーケター

マーケターは、ホームページを通じて企業とお客さまとを繋げるための役割を担います。

完成されたホームページが一人歩きしないように、SEO対策や広告などを活用して情報を届けたいターゲットに効果のある施策を行います。

効果を上げるためにSNSを使ったりと、お客さま心理がどこに向いているかを把握する必要があります。

ライター

ライターとは、ホームページに必要な文章を作成します。

ただ文章を書くだけでなく、お客さまに分かりやすく見やすい文章を作ることが求められます。

お客さまに必要とされる文章を書いたり、検索で上位を取るためのSEOを意識した文章を作ることがポイントです。

目的別ホームページ作成のポイント

ここでは目的別にホームページ作成のポイントを見ていきます。

信頼されるコーポレートサイト作り

コーポレートサイトは、自社がどのような企業なのかをお客さまに知っていただくためのホームページです。

言わばインターネット上に存在するブランディングツールとしても役立ちます。

デザインの良し悪しだけではなく、企業イメージが十分に伝わることやステークホルダーとの信頼関係構築にも注意が必要です。

求職者に選ばれる採用サイト作り

採用サイトのポイントとして、求職者が必要とする情報を網羅することが必要です。

情報が不足していると、企業が積極採用を行っていないイメージにもつながり、それだけで将来の優秀な人材が競合他社を選んでしまう可能性があります。

自社で働く社員のインタビューや楽しくイキイキと働いてる写真が掲載されていると、求職者が実際に働くことが想像できたり安心感にも繋がります。

商品の魅力が伝わるプロダクトサイト作り

プロダクトサイトのポイントとして、商品やサービスの魅力を充分に伝えることにあります。

最終的な目的としては、商品やサービスを購入していただくことになります。

商品やサービスの特徴や料金を載せて、問合せや見積もりにつながるサイト構成にすることが大切です。

コンバージョンさせるランディングページ作り

ランディングページのポイントとして、スクロールさせるだけで情報を把握できるページ作りが挙げられます。

インパクトのある写真やキャッチコピーにより、お客さまへの商品に対しての不安感を払拭し、購買件数を上げ、コンバージョン率を増やしていくことが求められます。

単なるメリットやベネフィットの羅列ではなく、見込み客の感情を揺さぶるような構成にすることが大事です。

興味を持たれるオウンドメディア作り

オウンドメディアのポイントとして、企業とお客さまとの接点となる情報メディアを目指すことが大切です。

例えば、調味料を開発・販売している会社であれば、その調味料を使ったレシピサイトを運営するイメージです。

単なる商品情報ではなく、同じユーザーとしての視点に役立つ情報は、積み重ねることで資産として効果を発揮します。

自社の商品だけでなく、商品を購入するお客さまが必要とする情報を網羅することで信頼性が増していきます。

ユーザーが使いやすいECサイト作り

ECサイトを作るポイントとして、WEBマーケティングノウハウが挙げられます。

WEBでの商品購入のお客さま心理を理解し、購入までのハードルを下げることが重要となります。

多くのお客さまは、大手のECサイトで購入されているため、小規模なECサイトでは購入に対して抵抗感があります。

いかにして初回購入に繋げるサイト構成にできるかが、明暗を分けるポイントになります。

ホームページを自分で作る方法まとめ

ホームページは簡単にも難しくも作ることができます。

自分で作るか、プロに任せるかでも費用が変わってきます。

しかし、一番重要なのはホームページをどんな目的で運営していくかをしっかりと考えることです。

効果的にホームページを作成・運営していくためには、コストの大小ばかりを気にするのではなく、

費用対効果を追求していくことが最重要と考えられます。

自作して知識を勉強しながら作成することも良いですが、特に時間を考えた時にはホームページ制作のプロに任せてしまうことも一考に値します。

メリットとデメリットのバランスをとりながら最適な費用対効果を選びましょう。

お問い合わせ・ご相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
会社案内ダウンロード

弊社の会社案内をPDFでご用意しております。社内での検討時などにご利用ください。

資料準備中…

お電話でのお問い合わせはこちら

  • ※電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。
  • ※セールス目的のお電話はお断りしております。