リピートの回数や間隔を分析する

[リピートの回数や間隔]では、リピートユーザーのリピート回数やどれだけの間隔を空けてリピートしているのかを知ることができるレポートです。

[リピートの回数や間隔]レポートの確認方法

Googleアナリティクスにアクセスして、メニューから[オーディエンス]をクリックします。表示された項目の[行動]をクリックして[リピートの回数と間隔]をクリックします。

セッション数

[リピートの回数と間隔]を開くとデフォルトでは[セッション数]が選択されています。[レポート期間]を設定することでその期間におけるデータを確認することができます。

セッション数(リピート回数)とは

このセッション数(リピート回数)はよく誤解されやすいポイントですので注意が必要です。
ここでいうセッション数(リピート回数)とは、あるユーザーが、設定したレポート期間内にリピートした回数のことではなく、過去の全ての期間におけるリピート回数のことになります。

もう少し具体例をだして解説します。
あるサイトにおける3ユーザーの訪問履歴が以下のようになっていたとします。

ユーザーAユーザーB ユーザーC
2018年5月8日訪問1回目
2019年3月31日
2019年5月2日訪問2回目訪問1回目訪問1回目
2019年5月23日訪問3回目訪問2回目

ユーザーAは、2018年5月8日に初訪問し、2019年5月2日に2回目、2019年5月23日に3回目の訪問をおこなっています。
同様に、ユーザーBは、2019年5月2日に初訪問し、2019年5月23日に2回目を訪問しています。
ユーザーCは、2019年5月2日に初訪問していてその後の訪問はありません。

このような状況で、レポート期間が2019年5月1日〜2019年5月31日の場合のセッション数(リピート回数)は以下のようになります。

ユーザーAユーザーBユーザーC
2019年5月2日211
2019年5月23日32

誤りやすいところは、ユーザーAのレポート期間中における訪問のみを数えてしまって、2019年5月2日を[1]、2019年5月23日を[2]としてしまうことです。

正しくは、過去すべての期間での累計になりますので、2019年5月2日を[2]、2019年5月23日を[3]としなければならないのです。

あらためて、セッション数毎にするとこのようになります。

セッション数セッション
12
22
31

セッションの間隔(日数)

[セッションの間隔(日数)]をクリックします。[レポート期間]を設定することでその期間におけるデータを確認することができます。

[セッションの間隔(日数)」とは、前回の訪問から何日後に再び訪問したのかを意味しています。
[0]は、0日を表しており、はじめての訪問もしくは前回と同日の訪問になります。[1]が前回の訪問から1日後(翌日)の訪問というようになります。

コメントをする

お問い合わせ・ご相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
会社案内ダウンロード

弊社の会社案内をPDFでご用意しております。社内での検討時などにご利用ください。

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせはこちら

※電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。
※セールス目的のお電話はお断りしております。