カスタム投稿タイプでGutenbergを有効化するときの注意点

WordPress15年目で実施されるメジャーアップデートで注目の機能はなんといっても新エディタのGutenberg(グーテンベルク)です。

カスタム投稿タイプがGutenbergエディタにならない

カスタム投稿タイプでGutenbergを利用するには、2つの注意点があります。

show_in_restでtrueを指定

GutenbergはREST APIをつかって動いています。そのためREST APIを有効化しておかないと利用できません。

'show_in_rest' => true,

supportsでeditorを指定

'supports' => array('title', 'editor’, thumbnail, 'author'),

プラグイン「Custom Post Type UI」はまだ未対応

Custom Post Type UIは、バージョン1.5.8時点ではGutenberg未対応のようです。RESRT APIを有効化することでエディター自体はGutenbergになりますが、アイキャッチや抜粋などを有効にしていても表示されません。

お問い合わせ・ご相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
会社案内ダウンロード

弊社の会社案内をPDFでご用意しております。社内での検討時などにご利用ください。

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせはこちら

※電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。
※セールス目的のお電話はお断りしております。