Twitterのヘッダー画像サイズの最適解はいくつなのかを検証してみた

プロフィールページでのTwitterのヘッダー画像はかなり大きな面積を占めています。あなたが伝えたいイメージであったり言葉がはいった画像をきれいなサイズで設定してあげましょう。

ヘッダー画像の推奨サイズ

Twitterの公式ヘルプページには、以下のように記載があります。

  • ファイル形式は、JPEG、GIF、PNG
  • 推奨サイズは1500×500ピクセル

またこのようにも注意書きがあります。

推奨サイズのヘッダー画像を使用していても、その一部が切れた状態で表示されている場合、その原因として最も可能性が高いのは、異なるサイズのモニターや異なるブラウザでその画像を表示していることです(画像の上下の60ピクセルが表示されなかったりします)。

Twitter ヘルプページ

つまり、画像サイズは1500×500ピクセルで作って、画面の途中で切れてほしくない文字などは1500×380ピクセルにいれてしまうのがおすすめです。

実際に調べてみました

1500×500ピクセルの四角に対して上下中央の位置に1500×380ピクセルの四角をつくった画像を用意して、実際にTwitterのヘッダー画像に設定しました。画面サイズが、960・1280・1920ピクセルで、それぞれどの範囲が表示されているかの検証です。

横幅960ピクセルを再現
横幅1280ピクセルを再現
横幅1920ピクセルを再現

検証結果からもわかるとおり、380ピクセルの範囲内は途切れることはないようです。

Illustrator用テンプレート

Adobe Illustrator用のテンプレートを用意しましたのでご自由にお使いください。

ウェブサイト制作や動画制作のご相談はお気軽に

今すぐ問い合わせる

お問い合わせ

コメントは受け付けていません。

お問い合わせ・ご相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
会社案内ダウンロード

弊社の会社案内をPDFでご用意しております。社内での検討時などにご利用ください。

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせはこちら

※電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。
※セールス目的のお電話はご遠慮ください。