Premiere Proのカット編集でできた空白を一括で埋める便利機能を紹介

Premiere Proをつかってカット編集をおこなうとき、細かな空白がたくさんできますよね。こういのうのです。

これをひとつずつ選択しながら削除するのはとにかく手間なので、一発で一括削除する方法を解説します。

まずは、空白を埋めたいクリップをすべて選択します。

メニュー内の[シーケンス]をクリックします。
ウィンドウが出てきたら[ギャップを埋める]をクリックします。

すると、これだけで一気に空白が埋まって繋がります。

お問い合わせ・ご相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
会社案内ダウンロード

弊社の会社案内をPDFでご用意しております。社内での検討時などにご利用ください。

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせはこちら

※電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。
※セールス目的のお電話はお断りしております。