WordPressでトラブル発生!復旧までの原因と対策を徹底解説

アメブロやはてなブログなどの無料ブログと違い、WordPressでブログを運営しているとトラブル発生時も自己での解決が必要になります。
そして、WordPressで多く発生するトラブルのひとつに「画面が真っ白になってしまう」トラブルがあります。
この記事では、画面が真っ白になってしまった時の対処法を原因別に解説します。

原因はPHPファイルでの誤動作が圧倒的多数

安心してください。
画面が真っ白になった場合にも、ほとんどのケースで書き溜めてきたブログのデータが消えたりしているということはありません。
圧倒的に、PHPファイルでの誤動作が原因で、画面が真っ白になってしまっています。
そして、誤動作の根本原因は、画面が真っ白になる直前におこなっていた操作と関係していることが多いので、焦らず冷静になって直前にどんな操作をしていたかを思い出してみてください。

症状別の原因と対処法

画面に[データベース接続確立エラー]とエラー表示

サイトにアクセスした途端に[データベース接続確立エラー]と画面に表示された場合、wp-config.phpに記載しているデータベースへの接続情報に誤りがあるなどの原因が考えられます。

  • wp-config.phpファイルに記載のデータベースへの接続情報に誤りがある
  • データベースの容量が上限を超過している

具体的な対処方法については下記をご覧ください。

画面に[500 Internal Server Error]とエラー表示

サイトにアクセスした途端に[500 Internal Server Error]と画面に表示された場合、ほとんどのケースで.htaccessファイルが関連しています。
具体的な対処方法については下記をご覧ください。

画面に[403 Forbidden]とエラー表示

サイトにアクセスした途端に[403 Forbidden]と画面に表示された場合にはいくつかの原因が考えられますが、以下の2パターンのいずれかの可能性が高いです。

  • .htaccessのパーミッションに誤りがある
  • デフォルトドキュメントを削除してしまっている

具体的な対処方法については下記をご覧ください。

functions.phpのファイルに変更を加えた

functions.phpとは、テーマフォルダ内の第一階層に設置してあるPHPファイルです。
functions.phpに関数を記述することで、WordPress本体のコアファイルをいじることなく機能を追加することなどができるようになります。当サイトを含めWordPressに関する情報サイトの多くでも、functions.phpにコードを追加記述することで機能追加する方法を解説しているサイトも多くあります。

このようにとても便利なファイルではあるのですが、このファイルに記述するコードに誤りがあったりすると、たちまちサイトが真っ白になって画面に何も表示されないという事態になってしまいます。

wp-config.phpのファイルに変更を加えた

wp-config.phpとは、テーマフォルダ内の第一階層に設置してあるPHPファイルです。
wp-config.phpには、データベースとの接続情報などの大変重要な情報が記述してあります。このデータベースとの接続情報に誤りがあると「データベース接続確率エラー」というエラーが画面上に表示されますが、原因によっては画面が真っ白になることもあります。

有効化しているテーマの種類を変更した

有効化しているテーマを変更した場合に、新しく有効化したテーマに問題があると画面が真っ白になったりエラーが表示されたりすることがあります。

新しいプラグインを有効化した

新しくプラグインをインストールして有効化した場合に、プラグインに問題があると画面が真っ白になったりエラーが表示されることがあります。
大抵の場合、プラグインを複数有効化している方が多いと思いますので、一旦すべてのプラグインを停止させます。

管理画面にログイン出来る場合には、[外観]>[プラグイン]からすべてのプラグインを停止します。
もし、管理画面にログインできないような場合には、FTPソフトなどを利用してサーバーを直接編集する必要があります。

バージョンアップを行った

WordPressでは、機能改善やセキュリティー対策などを目的としたバージョンアップが頻繁に提供されています。
バージョンアップは、WordPress本体だけでなくテーマやプラグインでも行われているので、有効化しているプラグインが多ければ、それだけバージョンアップの回数も多くなります。

このバージョンアップが原因で、新しいバージョンの仕様がテーマやプラグインと干渉してしまい画面が真っ白になったりエラーが表示されることがあります。

復旧したら今後にために備えておこう

サイトが復旧したら、今後のために備えてしっかりと対策をしておきましょう。
サイトのバックアップをしっかりと取っておけば、万が一サイトが壊れてしまった場合にも、バックアップ時点までは復元させることができます。
時間をかけて作りあげたサイトを確実に守る手段のひとつですので、きちんとバックアップは行いましょう。

お問い合わせ・ご相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
会社案内ダウンロード

弊社の会社案内をPDFでご用意しております。社内での検討時などにご利用ください。

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせはこちら

※電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。
※セールス目的のお電話はご遠慮ください。