アンカーテキスト最適化で内部リンク対策を強化してSEO効果を高める方法

アンカーテキストとは、<a></a>タグで囲んでだ部分で、リンクを設定しているテキストのことです。
よく見かける「○○についてはこちら」にようなアンケーテキストの使い方は誤りです。正しいアンカーテキストの使い方を知って、内部SEO効果を高めるリンク作りをしていきましょう。

アンカーテキストはユーザーにも検索エンジンにも理解できるようにする

アンカーテキストは、そのテキストだけで移動先のページに何が書かれているのかを分かるようにする必要があります。
これは、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても効果のあがる手法です。

例えば以下のような文章の場合、アンカーテキストは「弊社の代表メッセージ」になります。

良い例

仕事をしていくうえでのこだわりは弊社の代表メッセージでもご覧いただけます。

<p>仕事をしていくうえでのこだわりは<a href="https://296.co.jp/company/message">弊社の代表メッセージ</a>でもご覧いただけます。</p>

悪い例

仕事をしていくうえでのこだわりはこちらでもご覧いただけます。

<p>仕事をしていくうえでのこだわりは<a href="https://296.co.jp/company/message">こちら</a>でもご覧いただけます。</p>

良い例では、リンク先のページに、代表者のメッセージが書かれてあるのだなと推測できます。これは、ユーザーも検索エンジンも同じです。

しかし、悪い例ではどうでしょうか。
「こちら」だけでは、リンク先のページになにが書かれているのかが分かりづらくなります。ユーザーであれば前後の文脈からなんとなく想像ができるかも知れませんが、検索エンジンではどこまで前後の文脈から想定できているのかがわかりません。

もし、あなたのサイトのアンカーテキストが「こちら」ばかりなのであれば今すぐリンク先ページの内容がわかるようなテキストに変更することをおすすめします。

SEOにより効果的なアンカーテキストの作り方

前章で、アンカーテキストはリンク先のページの内容がわかるようなものにするべきというのは説明しました。この章では、さらにSEO効果を高めるためのテクニックをご紹介します。

リンク先ページのSEOキーワードを含めること

アンカーテキストには、リンク先ページのSEOキーワードを含めるようにしましょう。

リンク先ページの記事タイトルにSEOキーワードが含まれているのであれば、そのままタイトルをアンカーテキストにするのが最も簡単な方法です。

ただし、リンク元ページで自然な文章の言い回しになるようにアンカーテキストを設定したいような場合には、タイトルをそのまま入れると不自然になることもあります。

そういった場合には、自然な言い回しの範囲でキーワードを入れることで、検索エンジンにもリンク先ページのSEOキーワードを認識してもらいやすくなります。

※キーワードの過剰な詰め込み過ぎには十分注意してください

コメントをする

お問い合わせ・ご相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
会社案内ダウンロード

弊社の会社案内をPDFでご用意しております。社内での検討時などにご利用ください。

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせはこちら

※電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。
※セールス目的のお電話はお断りしております。