記事を書くのに時間がかかりすぎるのを劇的に改善させる方法

記事を公開するまでの工程

ネタ探し

とりあえず思いついたことを書くというのでも書かないよりかは何百倍もいいのですが、あまりにも無計画に記事を量産していると結局どの記事もアクセスを集めることができずに、なかなか苦労が実らずモチベーションが下がってしまいます。

書くからには、自分のサイトジャンルの市場を見極めつつ、どのような記事を書いていくかを考えたほうが効率的なアクセスアップが期待できます。
キーワード・検索ボリューム・競合サイト・オリジナリティなどを念頭において、ネタを探さなければいけません。

執筆

書くことが決まれば、良質な記事を執筆していきます。
とにかくキーボードを叩きまくるという工程です。

編集

執筆ができたら、今度は、読者になりきって読んでみて、より分かりやすくなるよう編集していきます。
「何度も同じことを書いてしまっていないか?」「不足しているコンテンツはないか?」「このストーリーで分かりやすいか?」などです。

画像

文章だけでは伝わりづらいような場合には、画像やイラストなどを挿入したりして、より分かりやすく伝わるよう工夫をします。

カテゴリー設定・タグ設定

サイト内での回遊率をあげるためには、カテゴリーやタグの設定が即効性が高い手法のひとつです。
適切なカテゴリー設定をおこなったり、記事にタグをつけたりして、他の記事も見てもらえるようにしましょう。

アイキャッチ画像

アイキャッチ画像を登録することで、記事一覧やSNSなどでシェアされた時などのクリック率に改善が見込めます。
ついクリックしてしまいたくなるような、キャッチーな画像を登録します。

データ

ブログ運営に関するWebアンケートの結果によると、1記事あたりにかける時間は平均1時間、最も時間をかけているのは執筆という結果がでています。
詳しくみていきましょう。

ブログ1記事公開の所要時間アンケート

40%超の方が1時間以内と回答しています。
30分〜1時間30分と回答した方が約半数ほどです。

劇的に効率をあげる方法

まずはアウトラインを作る

記事を執筆する工程で時間がかかってしまっている方は、まずアウトラインを作ってみることをおすすめします。
アウトラインを作るというのは、まず「見出し」のみ作ってみるイメージです。
この記事で言うと、このような見出しのみをまずはじめに箇条書きで書いています。

  • 記事を公開するまでの工程
    • ネタ探し
    • 執筆
  • 数字で知る記事作成
    • 1記事あたりの作成時間
  • 記事作成時間を短縮する方法
    • ネタ探し編
    • 執筆編

このアウトラインがあると「書く」ことが非常に楽になります。
漠然と「1記事を書くのに時間がかかって悩んでいる人に読んでほしい」記事を書こうとすると、頭の中で何から書いていけばいいのかが整理できていない状態なので、なかなか筆も進みませんし、一通り書き終えた後の文章が読みづらく、その後の編集に時間がかかってしまうのです。

時間を決める

執筆に使う時間を最初に決めてしまうのがおすすめです。
もちろん記事によって、ボリュームの少ないものから多いものまで様々だと思うので、一律で決めてしまうのではなく、記事によって「30分で書き上げる」とか「1時間で書き上げる」などです。

そして、このあらかじめ決めた時間を超過してしまったからといって、延長をしないことです。

コメントをする

お問い合わせ・ご相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせする
会社案内ダウンロード

弊社の会社案内をPDFでご用意しております。社内での検討時などにご利用ください。

ダウンロードする

お電話でのお問い合わせはこちら

※電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。
※セールス目的のお電話はお断りしております。